Blog

大切なのは『人の言葉は聴けても心は聴けない』という事

 

こんにちは。不登校改善カウンセラーのかずみです(*‘∀‘)

 

人の想いというのは言葉に出して、はじめて相手に届きます

 

 

◇おはよう

◇ありがとう

◇ごめんなさい

 

 

時には自分の考えや・悩み・感情を伝える事もあると思います

 

しかしながら、言葉というのは声に出して伝えないと相手に上手く伝わりません!

 

心でタダ思っていても中々相手に自分の気持ちを理解してもらえないのです

 

例えば好きな人ができた時のことを思い返してみてください

 

 

私はあなたの事が好き

 

 

だけどそれを言葉にして、相手に伝えなければ振り向いてくれませんよね❓

 

 

お子さんの気持ちも同じです

誰にも話せない・親には恥ずかしくて言えない・こんな事誰かに話していいのだろうか?などど考え、心の殻に閉じこもってしまっている人は大勢います

 

あなたのお子さんのその内の1人かもしれません

まずはお子さんが素直に話せる居心地の良い環境をつくってあげなければいけません

 

 

お子さんと普段話す機会がありますか?

お子さんが1人でいる時間が多くないですか?

お子さんとすれ違いの生活を送っていませんか?

 

 

上記の例はごく1部にしか過ぎませんが、割とその様な家庭環境の方が増加しているように感じます

 

 

無理に相手の心を開かせるのではなく、まずは話が出来る環境づくりを行ってください

 

 

環境が整えば自ずとお子さんから話し出します。その際には決して無下にはお子さんの行動を無碍にはせず、相手の目を見て真剣にお話を傾聴してあげてください

 

その後話してくれたこと・勇気を出して行動したことを必ず褒めてあげてください!!

 

 

 

褒める事・感謝を述べる事・謝る事はお子さん、ご家族の信頼を築く為に必要です!

今後のお子さんの成長を見守る上でもかけがえのないものとなって参ります

 

 

お子さんの心の扉を開くのはんあなた自身です☆よろしくお願いします(^_^)

-Blog