Blog

お子さんの不登校。実はその親御さんに共通していること

 

こんにちは。不登校改善カウンセラーのかずみです(^^)/

 

お子さんの不登校。実はそのご家庭の親御さんに共通する部分があるのをご存じでしょうか?

全員が一致しているという訳ではありませんが、大多数の方が下記の項目に当てはまっています

 

 

 

▢お子さんと上手くコミュニケーションを取れていない

 

 

お母様
娘とどう接していいのか分からない
息子と何を話していいのか分からない
お母様
お母様
常に部屋に引きこもっている
・・・会話が無い
お母様

 

 

といったお話をよくお聞きします

この場合はまず不登校のお子さんよりも先に親御さんのサポート・改善から始めなければいけません

理由といたしまして

 

 

お子さんと上手く会話が出来ない→不登校の改善は不可能だということです!!

 

 

不登校の改善は家庭環境、つまりは親御さんにかかってきます

また長い間会話をしていない状態からいきなり会話をしてみようと言い寄ってしまうと

 

 

必ずお子さんは警戒します!!

 

 

また会話に慣れていないと唐突過ぎる質問や違和感を覚える質問をしたりもします

余計に今の状況を悪化させる事も考えられます

 

お子さんの今の状況や将来性を考えれば不安が頭を過り焦るのは分かりますが、ここはそのお気持ちを抑え上手くコミュニケーションをとれるように努力していきましょう

 

 

また、努力と言っても何も難しいことはありません

 

 

友達を初めてつくった時のことを覚えているでしょうか?

 

 

最初は緊張して話すのがぎこちなかったと思います

ですが気づいたら何も考えなくても話ができ、仲良くなっていたと思いませんか?

それと同じです

 

私の不登校カウンセリングでは上手くコミュニケーションが取れる様にカリキュラムを取り入れています

どう話していいのか。まずは何から話しを始めればいいのか分からないなどの部分も詳細にお伝えいたしますので

 

まずは1時間の無料相談をお試しくさだい☆

 

 

▢愛情を与えず甘えさせてる

 

 

愛情と甘やかしは違います!

 

 

子どもを自立に導くのが愛情

子どもを自立から遠ざけるのが甘やかし

 

 

なのです。覚えておいてください

また、私のカウンセリングでは子育てをする上で必ず必要になる!

 

 

大切な10箇条をLINEにて親御さんにお送りしています

 

 

これを知っているのと知らないのとではまったく接し方が変わってきます!雲泥の差です!

そう!不登校のお子さんがいないご家庭では無意識のうちにこれらを実行しています

ですから不登校にはならないのです!

 

不登校のお子さんがいる親御さんには【愛情】と【甘やかし】の区別が出来ずにゴチャマゼになっている可能性が高いです

ですのでその部分を正しく修正し、お子さんと接していただくことで今後大きく変わっていきます!

 

 

▢優しすぎる

 

 

これは甘やかしに似た部分でもあります

優しさとは人を救う助けになりますが、強い優しさは時に人を殺すこともできる刃となることを覚えておいてください

不登校のお子さんがいる親御さんは優しさの境目が分かっていません

 

 

これが息子(娘)のため

これをすれば学校に行ってくれる

とりあえず何も言わずに見守ろう

 

 

本当にそれでいいんですか?お子さんは満足してますか?お子さんが望んだことですか?

状況にもよりますが、私はそうは思いません

 

例えばお子さんが『このゲームを買ってくれたら、学校に行く!』と言ったとします

そこで親御さんが『これで学校に行くなら・・・』と買ってあげるのは優しさでなく甘やかしなのです!

ゲームを購入したところで益々学校に行かなくなります!

 

キツイ言い方になるかもしれませんが、これは愛情でも優しさでもない

 

 

ただの自己満足です

 

 

不登校になったら1番辛いのはお子さんですが、親御さんも相当精神的・肉体的に疲れます💦

それを理由にお子さんの為と言いながら、逃げている部分があるのではないでしょうか

 

 

▢時間ではなく、お金をかけすぎている

 

 

時間は有限。だけどお金はいつか取り戻せる

小学校なら6年間。それを過ぎてしまったら1年生からまたやり直すということは絶対にできません!

ですのでお子さんが不登校になったのなら

 

 

1日でも早く不登校を改善したい!学校に行って欲しい!と思うのが親御さんの想いなのです!

 

 

ですが現状はかなりのお日にちが経ったにもかかわらず、不登校が改善出来ていない。お金だけが無駄に飛んでいってる💧

という方が大半を占めます

原因といたしましては

 

 

不登校を改善できるカウンセラーと出会っていない

不登校の原因は家庭環境でなくお子さんの問題だと思っている

お子さんとの接し方や子育てのやり方を1から教える教育。また教えてくれる人はいないということ

 

 

この3つが主な要因となっています

これは私にも原因があります。まだまだ世の中に私の存在や実績を浸透出来てない、信頼もまだ確立できていない状態です

 

今後も引き続き精進していきますのでよろしくお願いいたします!

 

また心理カウンセラーの方は大勢いる中、不登校を改善できるカウンセラーやサポーターはまだまだ少ないと言えます

 

今までのブログ記事やTwitterなどで幾度となく記載してきたので大方は省略いたしますので

気になる方は他のブログ記事やTwitterをご確認ください

 

 

また、病院などでカウンセリングを受ける際には心理カウンセラーの方が対応してくれます

 

そんな中、結構な金額をかけていませんか?

 

 

『しかも1時間でこの金額!』

『予約は取れないし、待ち時間がかなり長い』

『1時間なんてあっという間』

『それでこの対応。あんまり意味ないような感じするけど』

 

 

と思ったことがあるかもしれません

そう心理カウンセラーは不登校を改善できるの専門家ではありません

むしろ老若男女年代問わず心のケアを行う専門家なのです

 

 

特に病院は大勢の患者さんを受診しなければいけない。そのせいで対応が雑になる可能性もあります

 

 

また、フリースクールや施設に通う際も1月で結構なお金がかかりますし、昼食代もバカになりません

 

給食のありがたみを痛感することとなるでしょう。通える期間も限られていますし場合によって内申の影響や出席扱いにならない可能性も出てきます

 

よく検討した上でのご判断をお願いします

 

 

ちなみに私のカウンセリングでは待ち時間ゼロ

予約した日時にスグに対応できます時間が決められている為その間は好きな事や仕事ができます

 

また料金も6ヶ月で¥45,000となり、最初のインテーク(初回面談)は無料でご相談できます

1週間に1度必ず定期連絡をいたします。現在の状況を把握するためです

 

 

分からない事は随時LINEにて送っていただければ対応いたしますので、そこもKOMOREBI NO TSUKIの強みとなります

 

不登校改善にはこまめに状況把握が必要です。一緒に頑張ってみませんか?

 

詳細につきましては『不登校でお悩みの方』のリンクから閲覧してみてください☆

 

 

▢お子さんに選択をさせる会話をしない

 

 

お母様
フリースクールに行ってみようか
とりあえずカウンセリングを受けてみよう
お母様
お母様
気晴らしに美味しいものでも食べに行こうか

 

また、こんな会話もしていませんか

 

お母様
将来どうするの?
宿題終わったの?
お母様
お母様
学校どうするの?大学に進学するの?

 

など言ったことはないでしょうか?

前者はお子さんの意見を尊重せずに、自分の意見をお子さんに言っているだけに聞こえます

 

 

後者は一見お子さんに選択させているように聞こえますが、話の内容がアバウト過ぎて脳で判断・決断ができかねてしまいます

 

 

つまり【お子さんに選択させる質問】とは異なったものなのです

 

 

ではお子さんに選択させるということは一体どういうことなのか、説明しましょう

例えば『宿題をやりなさい!』ということにフォーカスしてみます

宿題・・・漢字プリント、算数の教科書の問題1ページがあったとします

 

そこで

 

お母様
宿題は漢字と算数、どっちからやる?

と言う風に投げかけてみてください。そうすると

じゃぁ・・算数

と選択してくれます。たまに『どっちも嫌だぁ』とうつむくお子さんもいらっしゃいますが、諦めずに『漢字と算数どっちからやるのかな?』って選択させてみてください。やってくれます!(^^)/

 

また選択と共感を交互に組み合わせた形で話しを進めるのも効果的です

 

例えば辛いことがあった時などは

 

 

『どんな事があったの?』『そうか。それは辛かったね』『それでどんな気持ちになった?』『それが分かる事は凄い事だよ!』『じゃぁ今後そうならない為にはどうすればいいかな?』『そうだね♪じゃ一緒に頑張ろうか』

 

こんな感じです

少しアバウトになりますが、ご参考いただければ幸いです(*''▽'')

 

 

▢まとめ

 

 

子育てをするのは親の務めです

もちろんお金を稼いでいくのも家庭を気付いていくのも親御さんが行っています

そんな中親御さんの心の中に

 

 

自分が正しい

 

 

という判断基準が出来上がっているのです

お子さんに比べたら親の方が何倍も生きています。そこで自分の経験談を元に

 

 

『こうすればいい』『こっちの方が上手くいく』

 

 

と無意識のうちにお子さんを誘導しているのです

これがお子さんに人生を選択させないという理由です!

 

またお子さんが不登校になった経験は初めての方が多く、今まで経験したことが無いために

どうすればいいか?どう対応すればいいのか分からない状態です

 

 

ですので、私の様な不登校改善の専門家が1からサポートしているのです

 

 

私はご家庭に魚を釣ってあげるのではなく、魚の釣り方を教え

 

また掛け違えたボタンを外すお手伝いをし、その後親御さんやお子さんがボタンを掛け違えない様にサポートしてあげるのが

 

私の役目です!

 

 

共にお子さんの不登校を改善してき、幸せな未来を築いていきましょう☆

-Blog