Blog

お子さんの【自己肯定感】を上げる事は不登校改善に繋がる

 

こんにちは。不登校改善カウンセラーのかずみです(^^)/

 

お子さんが不登校になる要因として自己肯定感の確立が出来ていないため、精神が不安定になり学校に行けなくなっている可能性があります

今回は自己肯定感を上げる方法をお伝えいたします

 

 

 

▢ 成功体験をさせよう!

 

 

お子さんはゲームが好きです♪四六時中ゲームをしているなんて事もあるかと思います

なぜゲームを止めれないのか?

 

 

それは気軽にできる成功体験だからです

 

 

場所・人数・時間それらが関係なく好きな時に出来るのがテレビゲームです

 

つまり、ゲーム以外の成功体験をさせましょう

 

お子さんもキッカケがあればゲーム以外に夢中になれるものが必ず見つかります

 

 

例えば

料理・ジグソーパズル・トランプ・ダンス etc

 

 

気軽に誘ってみましょう

 

 

ですが、ただ誘うだけではいけません!

注意点として

 

 

失敗しても責めない

お子さんが何か達成・成功したら必ず褒める

失敗から学ぶことの大切さを教える

 

 

この3点を忘れず、行動してください

 

そうすればお子さんは

 

 

やれば出来るんだ

意外と面白いじゃん!

お父さん(お母さん)と久しぶりに楽しい時間を過ごせた♬

 

 

という成功体験を通し

 

 

自己肯定感が上がっていきます!

 

 

▢ 親も人生を楽しむこと

 

 

お子さんは親の姿をよく観察しています

親御さんより知っている事もあるくらいです

 

もしあなたが辛そうにしていたり、不機嫌な態度をとっていたら

 

 

それはお子さんにも伝染します

 

 

お子さんもネガティブな感情が自然と出てくるということです

 

それはお子さんの自己肯定感を下げてしまう事に繋がってしまいます

 

逆に親が笑顔で幸せそうな態度をとっていれば

 

 

お子さんも自然と幸せになります☆

 

 

自己肯定感が上がっていくのです

 

ですがただ笑顔でいるだけでは、表面ばかりで効果はありません

またそれだと自然とストレスが溜まり、いずれ爆発してしまいます💦

 

 

自分のリラックス時間を確保する事

 

 

◇1月に1度ママ友とお茶会する

◇ジムで汗を流す

◇おしゃれなカフェで雑誌を見ながらコーヒーを飲む

 

 

自分にとってのストレス解消法を探してみてください♪

 

 

▢ 些細な事でも褒めることが大切

 

 

成功や失敗に大きいも小さいもありません

 

お子さんが何かを成し遂げた際には必ず褒めるようにしましょう

 

 

テストでいつもより5点も多く点数が良かった

お皿にサラダを盛り付けてくれた

玄関の靴を並べてくれた

お父さんに傘を届けてくれた

 

 

何でも大丈夫です☆

当たり前と思っていることほど、人は褒めなくなります

 

また、親御さんは褒めることを見つけようと努力する事で

 

 

自然とお子さんを怒らなくなるというメリットがあります!

 

 

無意識に怒る時間が勿体なく感じてしまう為です☆

 

お子さんも自己肯定感が高くなり心が安定しやすくなる、親御さんは怒らなくなる、家庭環境も良くなる

いい事だらけです♪

 

 

▢ 失敗を沢山させること

 

 

この世の中に失敗というものはありません!

 

彼の有名な発明王トーマス・エジソンも

 

 

私は失敗したことがない!ただ1万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ!』と述べています

 

 

失敗は成功の元】と言われる通り、それは成功への近道なのです!!

 

 

最近の親御さんは失敗を怖がる方が多いです。これは日本人独特の感性かもしれません

何故失敗を恐れるのか?それは体験したことがないからです!やった事がないからです!

前例がなければ創ればいい。誰もやろうとしないなら自分が率先して行えばいい!

 

 

それが 失敗を恐れる恐怖・将来への不安 といったネガティブな気持ちを生み出します

 

 

ネガティブな気持ちは自然とお子さんにも伝染します!

 

 

それは後に自己肯定感を下げていく原因に繋がっていくのです!

 

 

そうならないためにも幼い頃から沢山失敗をさせてあげましょう♬

子どもだから許される事もあるからです(^^)/

 

 

料理を焦がした

工作をうまく作れなかった

好きな子にフラれた…

蛇口のホースに足を引っかけリビングを水浸しにした💦

 

 

お子さんが何かに失敗したら、絶対に怒ってはいけません!!

 

次に訪れる成功のために、『どうすれば上手くいくか?』という事にフォーカスを当て対応していきましょう☆

 

 

▢ 子どもの脳はちょっとした危ない体験で育つ

 

 

失敗を成功へと導いた際にお子さんは【自分でできた】という自信が持てるようになります

また親御さんも【この子は大丈夫】といった信頼感が生まれてくるのです

 

失敗しないように・危険に合わない様に考える事は脳の五感を刺激します!

 

 

それは原始的な脳を育てるために必要な事なのです

 

 

その学びから、人は大人に成長した際に社会人として大きな成果を残すことが出来るようになります

 

逆に失敗を避けたり恐れたりすると、自主性が伸びません!

自分はやったら出来るんだ!』という感情が芽生えないのです

 

それは後に勉強やスポーツ、仕事などでも大きく影響してくることは言うまでもありません・・・

 

 

▢ 近年増加している希死念慮

 

 

また、自己肯定感の高いお子さんは困難にぶつかった際に『周りに助けを求めることが出来ます!

 

ですが、逆に自己肯定感の低いお子さんは周りに頼るという事ができません!

 

それは近年増加している【希死念慮のお子さん】に多く見られる傾向です

 

『死にたい』『生きている意味はない』

 

そういった考えが常にある希死念慮のお子さん

その方の特徴として

 

 

命の危険に晒されても誰にも助けを求めれない!

 

 

といった考えが無意識に植えついています。本人には自覚もありませんし、どう対応していいのかも分からない

それは自己肯定感が低くなりすぎた為に起こった症状といえるでしょう

 

そうならない為にも常日頃からお子さんをよく観察し、気持ちに寄り添った対応を心がけてください

よろしくお願いします(^^♪

-Blog