Blog

不登校の要因は心の奥底にある【不安】から来る!

 

こんにちは。不登校改善カウンセラーのかずみです(*‘∀‘)

 

明日から3学期。学校生活が再び始まります

そこで1番気を付けておかなければいけないお子さんの不安という要因についてお伝えします

 

 

 

不登校はなぜ起こると思いますか?

不登校はなぜ突然なると思いますか?

 

 

そこにはお子さんの心の奥にある

 

 

不安という心の病から不登校へと進展していく事です!

 

 

▢お子さんが抱える不安要素

 

 

それではその不安とは何なのか❓

 

 

勉強についていけないという不安

クラスメイトと上手くやっていけるかという不安

学校の先生に怒られるかもしれないという不安

いじめられるかもしれないという不安

 

 

お子さんにとっての不安要素は1人1人違います
ですが、不安を考える特徴として共通している部分があるのが分かりますでしょうか?

 

 

 

▢不安という考えの特徴

 

 

不安という病の特徴はそれを1人で抱え込むということです!

 

 

その不安が大きくなると自律神経が乱れ、結果【不登校】になってしまいます

ですが大事なのはこの不安要素・・・

 

 

99%は実際に起こらないという事です!

 

 

意外と思われるかもしれませんが、これは事実なのです

 

 

▢不安を抱え登校したらどうなるのか?

 

 

実際に登校できたお子さんに『学校どうだった?』と尋ねると、大抵は

 

 

うん・・・普通だった
うん。楽しかった

 

 

と答えます

では何でその不安とうものが頭をよぎるのか

それは過去の失敗や経験のトラウマからそう体が勝手に認識してしまうからです

 

 

▢不安要素を作った原因

 

 

みんな問題をスラスラ解けていて先生の質問にも答えれるのに、私には全然分からない・・・

クラスの子と上手くコミュニケーションをとれなくて1人の時間が多かった

宿題が間違いだらけだったから、先生に怒られた(もしくはよく先生から怒鳴られる)

からかわれたり、ふざけて後ろから蹴られたり、頭を叩かれたりした

 

 

などの経験があったかもしれません

 

また、いじめによる不登校者数は全体の0.3%と言われています

前学期に毎日の様にいじめられていたお子さんでも、再登校初日にいじれられる可能性はきわめて低いです
ですがその後は毎日ご家庭でお子さんをよく観察する必要がありますので、心のケア・またコミュニケーションをよく取る様に心がけてください

 

 

 

▢不安な気持ちにならないために

 

 

確かに不安にある気持ちも理解できます

大人になっても『これで大丈夫だろうか?』『失敗したらどうしよう・・・』と考える方は大勢います!

ですが考えたところで未来は変わらないし、仮に失敗してもそれは今後の成功への大きな一歩となります!

それに考えていた様な最悪な結果になった事はないのではないでしょうか?

 

学校も同じです

 

 

休んでいた分、友達や隣の席の子から分からない問題を教えてもらえたり

クラスメイトからゲームの話や『一緒に遊ぼう!』と誘われたり

先生も特に何も言わず、逆に『キツくなったら、スグに言ってくれよ』と気遣ってくれたり

下校する際にも数人のクラスメイトと途中まで楽しく帰れたりするものです

 

 

周りの人達は意外と普通に接してくれたりします♪

考えていたことがバカらしくなるくらい、不安な出来事は起こりません

 

有名なアスリートの方や起業家の方なども絶対にネガティブな事は考えないのをご存じでしょうか?

 

 

いつだって前向きに考え、前向きに行動します

 

 

考えたって意味が無いという事を知っているからです

 

しかし

いきなり『考えるな!』と言って、考えない様にするのは無理な話だと思います
ですが、少しづつでも不安を取り除ける様な家庭環境の改善・お子さんとのコミュニケーションを大切にして日々過ごしていきましょう!

 

 

そうすれば必ずお子さんの『不安』という大きな氷の壁は砕けるはずです!(^^)/

-Blog