Blog

長期連休明けは『学校に行きたくない!』と言うお子さんが増えます!

こんにちは。不登校改善カウンセラーのかずみです(^^)/

 

春休み・夏休み・冬休み

 

長期連休はお子さんにとってとても楽しく、学校生活を行う上での楽しみの1つでもあります

しかし近年では連休明けには『学校へ行きたくない!』と言うお子さんが増えています

その様な時こそ気を付けてほしい。それを今回はお伝えいたします

 

 

 

▢ 普段と違う行動

 

 

1.長期連休の休みに体が慣れ、朝起きるのが辛い

2.担任の先生へ会うのが億劫

3.宿題が終わっていない・・・

4.前学期に嫌な思いをした事への恐怖心・また長期間その生活・精神的ストレスが訪れる事への不安

 

 

などが挙げられます

特に4番目の項目が当てはまる事が多いです

 

中には1番目のように朝起きるのが辛くてタダ行きたくないと言うだけの子もいます
それは一時的なものなので、登校して行けば自然と体が慣れていくでしょう☆

 

一時的なものとしてクラスメイトと久しぶりに再会すれば、楽しくて次の日も学校へ行きたくなるという衝動にかられます

 

ですが中には【学校そのもの】が嫌いな子も多数います
そして【行けない理由が分からない子】も中にはいます

 

その様なお子さんは長期連休の終わりが近づくにつれ、不安や恐怖でいつもと違う行動を行ったりしてしまう場合があります

 

 

爪をよく噛む

学校で使用する教材や体操着などを見つからない場所へ隠す

ゲームばかりを長時間している

そわそわしたり、逆にボーっとして話を聞いていない時がある

 

 

詳しい原因といたしまして

 

爪をよく噛むのは、ストレスや不安が溜まってきている。ネガティブな事をいつも考えている証拠

 

学校で使用する物を隠す原因は、親を困らせたい。学校へ行きたくない気持ちを親に察知してもらいたいという願い

 

ゲームをする行為は現実逃避。ゲームをしている時間は学校の事や嫌な事を考えなくて済むからストレスが溜まりにくいと感じている

 実際にゲームを長時間する行為は、イライラ感や衝動性が高まる危険がある為、注意してください!!

 

そわそわしたり、ボーっとするのは、不安や登校する日が近づいた事への焦りから、焦燥感に襲われています。ひどくなるとうつ病になりますので、お気をつけください

 

ボーっとするのはもしかしたら【睡眠不足】から来ているかもしれません。学校の事を考えて夜眠れない日が続いてるのかもしれませんので、もしそうだとすれば自律神経が乱れている証拠です。

普段と違うお子さんの状態

気を付けて観察するよう心がけましょう☆

 

 

 

▢ 長期連休明けは特に気を付けよう

 

 

長期連休は体と心を整えるために大事なお休みです♪
ですが、人によっては逆に不安や恐怖心を掻き立てる諸刃の剣にもなります

 

ゴロゴロしているお子さんを見て、イライラすることもあるかもしれません

 

ですが、その際には決して怒ったり【なさい言葉】は使わず、お子さんの気持ちに寄り添って話を聞いてあげましょう
そんな時こそ傾聴】する事がとても重要となります!!

 

また連休明けに『学校に行きたくない!』とお子さんが仰った際には、無理に学校に行かせることはせずに【何で学校に行きたくないのか❓】という事に疑問を持ち、話を聞いてあげてください。お子さんもそれを望んでいるはずです

 

 

もし対応が難しい場合は1度ご相談ください。よろしくお願いします☆

-Blog