Blog

不登校は『悪』ではない

不登校者の数29万人超え!

 

学校に通えなく子ども達は年々増加傾向にあります

ここ最近ではコロナ過での自粛の影響が大きかったのですが、原因は他もあるでしょう

また、子ども達の中には、原因が分からないと言う子ども達も増えています

SNSでの普及により、今は何処でもリアルタイムでニュースが観れます

 

学校での不祥事・いじめ・教師による性犯罪・古い体制から何も改善されない学校の教育システム

 

これらのニュースもうなぎ上りに増加しています

それらをリアルに観ているからこそ、学校への不信感が募り、『不登校』の原因となってしまっています

子ども達もバカではありません。大人が感じている以上に身に染みて分かっているのです

また、学校に行けないからといって、強制的・無理に学校に行かせてはいけません

そんな事しても、何もお子さんの為になりません。むしろ労力と時間の無駄となってしまいます

 

どうして行けないの!?】ではなく【そう。行きたくないんだね】と相手を受容する気持ちとゆとりが今は必要なのです

 

学校に行けなくても、今は沢山の選択肢が溢れています

それに、お子さんと将来の事について、一緒に向き合う良いきっかけになるかもしれません

私の周りでも不登校の娘と『夜のドライブに行くのが楽しみになった♪』っと仰ってくれた方がいます
それまで娘さんと話す時間どころか、一緒に過ごす時間もなかったそうです

時間はかかるかもしれませんが、何かをキッカケに前向きに行動できる時が来ます
それは不登校になったお子さんだけではなく、子育てをしてくれている親かもしれません

辛い時一緒に居れる・一緒に考えれる・一緒に支えることができる

それが家族です♪

不登校は間違いでもなければ、悪いことでもありません

 

今1度、お子さんと向き合ってみませんか?(^_^)/

 

 

-Blog