Blog

不登校の改善方法は1人1人違う!ご家庭に合った最善の方法を提供します

 

 

不登校になるお子さんは、1人1人違います

 

 

考え方・好きな事・勉強するスピード・運動神経

◇家庭環境・ご家族の躾方や生活習慣・接する時間

◇不登校になる時期・不登校になった際の行動・不登校の原因

 

 

他にも様々な要因があると思いますが、基本的は改善していく対応は同じです

ただ、一連の流れは1つですがお子さんの今の現状を詳しくお聴きしお子さんやご家庭に合った対応をしていく必要があります

 

例えば、お子さんと話す機会があるご家庭もあれば、お子さんとどう接していいか分からないご両親もいるのです

そうなるとお子さんの不登校を改善する前に、ご両親のコミュニケーションスキルを先に改善していく必要がございます

ですので、その様なご家庭はお子さんの不登校の改善に時間がかかってしまいます

 

以前お話した

 

 

不登校を改善するにはどうすればいいですか❓』

 

 

という親御さんからの質問ですが

 

そう!不登校の改善にはご家庭ごとに寄り添い、そのご家庭に合った対応をしていかなければならないためその質問をされても即答ができかねてしまいます

まずは詳細な情報を提供していただき、そこからお子さんを含めご家庭に合った対応方法を見つけていかなければなりません

 

 

▢心理カウンセラーの塩対応

 

不登校の親御さんからスクールカウンセラー、または心理カウンセラーの方から投げやりな対応や他人事過ぎる対応をされた というお話をよくお聞きします

 

心理カウンセラーの方々は老若男女・年代や相談内容問わず色々な方々を診察しなければいけません

 

なので多忙な日々を送っている反面、ついつい心無い発言をしてしまったり素っ気ない態度をとる方もいます。これは本人の仕事量があまりにも多すぎてキャパオーバーになっている可能性があります

また近年では精神疾患を抱える患者さんたちが右肩上りに増加しています。病院側も人手不足が深刻化してますので1人1人に寄り添った対応というのが難しいのが現状です

 

その点、個人で経営されているカウンセラーは利点が効くメリットがあり、ご家庭の事を親身に考えてくれる方々が多く見られます

しかし別の病気を発見した際にスグに対応できなかったり、お薬が必要な際には処方薬が提供できない場合などデメリットがございます💦

 

ですがやはり

 

 

お子さんの不登校を改善するには不登校を改善できる専門のカウンセラーにご相談をしていただきたいです

 

 

▢カウンセリングのテリトリー

 

私の不登校の改善カウンセリングでは

小学1年生~高校3年生までの不登校でお悩みの男女

と範囲を決めています

 

SNSカウンセリングも同じく小学1年生~高校3年生までをメインで考え、成人した方々とははそれほど多く携わっていません

テリトリーをある程度決めておかないと対応が雑になり、自分のキャパシティーを超え逆に精神疾患を患ってしまう可能性が高くなります

 

自分の仕事量をキチンと押し測るのもカウンセラーとしての立派な仕事です☆

 

また中途半端での投げやりにはしたくありません!

私も病院の医師に何度か適当にあしらわれた経験があります。ですのでどれだけその対応が腹が立つかどれだけ辛いか分かっているつもりです!

 

 

『辛いから相談しに来ているのに・・・』

 

 

と思った方は多いのではないでしょうか?

今自分がどれだけ辛い思いをしているか自分がよく分かっている為、そう対応されればホント辛いですよね💦

 

ですので、お子さんの不登校が改善出来るまで2週間に1度のペースではございますが、ご家庭の状況把握を行っていき今後の方針を一緒になって考え改善していきますので、ご安心ください!(^_^)/

またリモートやLINEでのやりとりがメインとなっておりますので、全国どこからでも待ち時間なしに対応が出来ます

 

 

以上の理由から

ご家庭ごとに寄り添った最善のカウンセリングを行ってまいりますので、よろしくお願いします!

 

 

また、今後とも星天七海・KOMOREBI NO TSUKI共々どうぞよろしくお願いいたします☆

-Blog