Blog

カウンセリングルーム:こもれびのつき

私が提供するのはカウンセリングではなく、心のケア

 

私が行っているのは

心のケアを基本とした『サポート』です

相手の悩みにフォーカスし、共感・受容・そして一緒に問題解決が出来るようにサポートする

具体的にどういうことかというと

例えば

学校に行きたくない。

何で学校に行きたくないの?

 

から始まり、様々な事柄に紐付けていきます

ただそれ1つの問題でも、何がそうさせているのか分からない

でも何かしらの原因は必ずあります!

なので相手のことを徹底的に調べます。

◇年齢◇癖◇好きな食べのも・嫌いな食べ物◇いつからそうなったのか◇家庭環境◇etc

悪い気を自宅に取り込んでいる可能性もあります
可能性があることは徹底的に調べ上げ、悪い原因は排除していかなければいけません

※もちろん聞いた内容は『個人情報』に該当しますので、第三者に漏れることは一切ございませんのでご安心ください

色々な可能性が考えられるため、何気ない会話から思いがけない『キッカケ』が見つかるのです

その為にはなるべく対面で信頼関係を築いていきたいたいと考え行動しています

 

 

信頼は足で稼ぐ

 

多数のお母様や子ども達、高校生からご意見をいただきました

カウンセリングは効果が無い

精神疾患になった際に受けるものじゃないの?

話して気持ちが楽になっても、また元に戻る

 

確かに最初の1回だけでは相手を共感・理解することは難しいです

信頼関係とは積み重ねていった先に築き上げれるものだからです

なので私は信頼関係を築き上げるために、たくさんの人々と接する機会を作るようにしています

1.SNS 2.公園に行ったり 3.ビデオ通話 4.近所の挨拶 などです

ただ単にメールやチャット・掲示板投稿などでは相手がどんな方なのか、何を考えているのか、理解するのが難しいです

また、直ぐに返事が返ってくるとは限らない

言葉遣いや声のトーンも分かりづらいため、なるべく直接接する様心がけています

移動時間や話し相手を探す手間など、時間がかかってしまうデメリットがありますが

 

信頼を得るには1番だと私は思います

 

カンファレンスなどもZoomで受講するよりも、直接会ってお話を聞いた方が何倍も為になります
また、お話も頭の中に入りやすいです
今はVRで旅行やテーマパークのアトラクションも何処からでも体験可能ですが、実際に足を運んだ方が何倍も楽しめるのと同じ原理です

 

 

私はみんなと話し合って、より良い『カウンセリングルーム』を築いていきます

 

1.ご両親はカウンセリングに何を望んでいるのか
2.家計の大きな負担にならない料金体制
3.誰もが気軽に相談できるネットワークの構築 etc

 

それには周りの方々との連携は必須条件です

自分1人だけではカウンセリングどころか、経営もできません

私はみなさんが気軽に誰でもカウンセリングを受けられるようなそんなシステムをこれからも提供していきます

 

時間があるなら、お子さんの登下校は一緒に見守るし

花粉症の時期にはポケットティッシュも配りに行きます

出来ることは全てやる!それが私のモットーです

 

前例が無いなら創ればいい

 

それも私の使命かもしれません☆

-Blog