Blog

アメリカの大学生と日本の大学生の大きな違い

大学で何を学んだかが大きく左様する

 

日本では『遊ぶために大学に行く』という言葉を耳にします

もちろん、真面目に勉学やサークル活動に精を出している方もちゃんといます

しかし、ギリギリ単位だけを取って卒業したり、逆に単位が足りなくて何年も大学生活を送る方も中にはいます

 

アメリカでは大学での生活が就職に大きく左右されることになります

 

アメリカでは大学に進学する事はさほど難しいことではありません

ですが、大学を卒業することは、かなり難しいです!!

1学年上がるだけでも相当な勉強と覚悟が必要です!

しかし、無事に大学を卒業すれば一流企業へ就職することも容易となります
大学在学中に博士号や難関資格を取得するだけで、初年収が約400万円も変わってくるのです

それもあって、アメリカの大学生はみんな必死で勉強します!

日本と違い物価も相当高いので、安月給では生活すらできません

年収1,400万円を下回ると貧困家庭とみなされてしまいます

日本ではありえないですよね💦

アメリカではちゃんと成績や学生生活での過程を考慮し、それに見合った待遇を与えています
素晴らしい取組みです☆

 

日本ではNTTが同じような雇用条件や待遇を打ち出しました

 

他にも、同じような教育システムや待遇面を考慮し、よりよい社会を築いていただける企業様が増えていければいいと思います

 

それが最終的に
個人のモチベーションや社会のイノベーション・技術の生産性へと直結していくのです!

 

 

-Blog