Blog

〇〇を取り過ぎると認知症のリスクが高まります!

普段の生活習慣には要注意!

 

毎日普通の生活が送れていることは大変『幸せ』なことです♬

しかし、普段から不摂生な生活を送っていると取り返しのつかないことになります!

最近ではがんになるよりも認知症の方がなりたくないと仰る方が増えています

そう!認知症は糖尿病と同じで一生付き合い続けなければならない病気です

現代の医療では治す方法がありません!!

なので認知症にならないよう普段から気を付けていかなければいけません

認知症になりやすい人の特徴として

 

◆炭水化物の取り過ぎ
◆甘い食べ物の大量摂取
◆清涼飲料水を頻繁に飲む
◆運動をしない

 

上記4つの項目が当てはまる方が発症するリスクが高くなります

 

炭水化物

普段、ごはんやパン、麺類など必要以上に接種していませんか?

ご飯は毎食茶碗1杯分。パンは1枚以上食べない。麺も大盛以上は頼まないなど、気を付けなければいけません

また、食事をする際に炭水化物から食べていませんか?

先に炭水化物から摂取すると血糖値の上昇が大きくなるので止めましょう!

まずは、汁物・またはサラダから食べるように心がけ、バランスの取れた食事を心がけてください

それと糖質は 炭水化物から食物繊維を差し引いたものになります

なので、お米は玄米・パンは全粒粉か玄米パンを食べることをお勧めします
サツマイモもGI値の上昇を抑えられるので覚えておきましょう

 

スイーツの大量摂取

高カロリーのものは『糖質』が多く含まれているものが多いです

糖質は体を動かすエネルギー源として、3大栄養素の中で最初に消費されるものとなります

なので適度な糖質は脳を活性化させるため、必要となるのですが

摂取し過ぎると、逆に体に悪影響を及ぼします

【体がだるくて何もしたくない】【頭が思うように働かない】など

仕事や日常生活に大きな影響を及ぼしますので注意が必要です

ですが、『ずっと大好きな甘いものを我慢し過ぎるのはストレスになるじゃん!』
『それこそ体に悪い!』って方は、せめて2週間に1度自分へのご褒美として与えると決めておけばそれほど無理のない生活が送れると思います

極端に無理をしない生活を心がけましょう

 

清涼飲料水を頻繁に飲む

これは体の老化を極端に高めてしまう恐ろしい行動です!!

 

1.血管をボロボロにしてまう
2.急激な血糖値の上昇!血液中に糖があふれ、全て吸収できない
3.固形物より肥満になりやすくなる
4.ニキビや吹き出物ができやすくなる
5.歯のエナメル質を溶かし、歯覚過敏になりやすくなる
6.糖質はカルシウムとビタミンB1を消費するため、骨がもろくなる

 

私が把握しているだけで、コレだけの項目が上がりました

多分これ以上に体に悪影響を及ぼす、原因があると考えれます

例えば、スポーツ飲料水で約24gの砂糖が使用されています

これは1日の砂糖の摂取量の倍の数値に当たります!

また、野菜ジュースも糖質が多く含まれているので、注意が必要です!

血管が老化すればおのずと別の臓器や体の一部も老化していきます

糖尿病にかかるリスクももちろん高くなります

飲料水は 水や緑茶。白湯などに変えることをお勧めします

 

運動をしない

筋肉質の人は筋肉が無い方と比べると、認知症や糖尿病になる方が少ないというデータがあります

筋肉はタンパク質。タンパク質はプロテイン

プロテインとは生命において最も重要な物質と言われています

また、握力が無い人は認知症にかかりやすいというデータも発表されました

筋肉は何もしていないと約1ヶ月で元の大きさに戻ったり、収縮していきます

なので3日に1度は筋トレを行いましょう

運動には有酸素運動と無酸素運動があります

筋トレや瞬発的な運動など、筋肉に負荷をかけ、短時間しか行えない激しい運動を無酸素運動
これは体の中の糖質を消費する運動です

逆にジョギングや水泳など、長時間行える運動を有酸素運動と言います

これは体の中の脂肪を消費し、行う運動です
運動を始めて約20分後に消費されていきます

運動をする上で有酸素運動・無酸素運動共に必要だという事を覚えておきましょう

どちらか片方だけではダメなのです!

 

食と運動は生きる上で最も重要な事です

食べなければ生きていけないし、運動しなければ病気になります

今1度自分の生活を見直し、改善していってください♪

-Blog